看護師とは

看護師の現実

看護師は専門教育機関を卒業し国家試験をパスした者をさしますが、合格は容易で、それを危惧する声もありますが看護師不足がいわれてる今、是正は難しそうです。

おすすめリンク

看護師とは

一昔前には白衣の天使と言われていた看護婦ですが、現在は名称が看護師と改められ、男性看護師の姿も多く見られるようになってきました。

それでも高齢化社会を迎えた日本においては看護師不足が叫ばれており、近年ではインドネシアやフィリピンなど諸外国からの看護師受け入れを試みていますが、当然のことながら言葉の壁は高く厚く、一生懸命に努力してもなかなか合格できないとされ、希望者も減ってきていると言われています。

看護師とは看護専門学校や最近増えている大学の看護科などの養成機関で教育を受け卒業すると看護師国家試験の受験資格が得られ、国家試験にパスしたものが看護師を名乗る事ができますが、人の命の現場に関わる者の選抜であるにも関わらず、試験合格は容易であると言われ、業務内容と試験のアンバランスが危惧されていますが、看護師不足の今、試験レベルを上げる事は難しいと言わざるをえません。

こうした看護師は正看護師と言われる事もあり、これは都道府県知事試験をパスした准看護士と比較する場合に用いられる事が多く、また看護師には実務経験を重ね、特定の分野において卓越した看護を施す専門看護師や認定看護師になる事も可能で、業務の幅や給与アップも期待できます。